HOME  >  診療案内

診療科目

内科

内科全般にわたるプライマリ・ケア(初期治療)をおこないます。また、高血圧・糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症などの生活習慣病の診断・治療をおこないます。これらの病気は動脈硬化をおこし、心筋梗塞や脳梗塞の原因となり、他の疾患を併発させる恐れがあるため、早めの治療開始と継続が重要です。健康診断、各種予防接種などもおこなっておりますので、お気軽にお問い合わせください。


呼吸器内科

風邪・インフルエンザ・急性気管支炎・肺炎などの感染症全般の診断・治療をおこないます。
また、長引く咳・息切れ、咳喘息、気管支喘息、COPD(慢性閉塞性肺疾患 昔の肺気腫・慢性気管支炎です)・気管支拡張症・間質性肺炎など、上気道~気管支~肺の病気の診断・治療をおこないます。さらに、慢性呼吸不全に対しては在宅酸素療法をおこなっています。

アレルギー科

花粉症・アレルギー性鼻炎などのアレルギー疾患に対する診断・治療をおこないます。

皮膚科

かぶれ・湿疹・アトピー性皮膚炎・蕁麻疹(じんましん)・いぼ・うおのめ などご相談ください。

受付時間


休診日:木曜、土曜午後、日曜、祝日

当クリニックの特徴

月本光一は平塚共済病院勤務当時から喘息教室、禁煙外来をおこなっており、喘息治療、禁煙指導について経験豊富です。クリニックではピークフローメーターや呼気一酸化窒素濃度測定を使った喘息管理を指導しています。
こさとクリニック開設以来禁煙治療を行っています。禁煙をしようとしてもなかなか出来ない方に手助けをします。飲み薬のチャンピックスは自動車運転しない方に、貼り薬のニコチネルTTSはかぶれを起こさない方に使います。

メタボ対策、生活習慣病対策として、ノルディックウォーキングを薦めています。
信州上田ノルディックウォーキング協会と協力して地域のノルディックウォーキング普及に取り組んでいます。またロコモ対策(寝たきり防止)として、ポールウォーキングを薦めています。

禁煙外来(ニコチン依存症外来)

禁煙外来

タバコは「百害あって一利なし」といわれています。COPD、喘息など呼吸器の病気を持っている方、糖尿病や動脈硬化を持っている方は早く禁煙しましょう。自分でやめられない方に対して禁煙治療を保険で行っています。当院では、禁煙治療を成功させるためのアドバイスやサポートを含め、二人三脚の禁煙治療を行っています。
ニコチン依存症かどうかは問診にて診断した上で、1日の喫煙本数に喫煙年数を乗じた数が200(たとえば20本×10年)以上であること等の要件を満たす方は保険適用での治療が可能です。
※薬局での薬剤費についても同様に保険が適用されます。

ノルディックウォーキングとポールウォーキング

メタボ、肥満、糖尿病、脂質異常症、高血圧などの生活習慣病は運動により改善できる病気です。ノルディックウォーキング はあらゆる世代の人にとって、手軽に安全に楽しめる運動で、年齢や体力に応じてトレーニングを行うことができます。また消費カロリーが比較的高く、膝や腰の負担が軽減され、とくに肥満者の運動療法に適しています。当院は信州上田ノルディックウォーキング協会と協力して地域のノルディックウォーキング普及に取り組んでいます。
 日本は高齢社会を迎え、運動器(骨・関節・筋肉)の障害も増加しています。運動器の障害により「ねたきり」や「要介護」のリスクが高くなることをロコモと呼びます。ロコモ予防(寝たきり予防)には、安定度の高いポールウォーキングを最初にお薦めしています。

信州上田ノルディックウォーキング協会

日本ノルディックフィットネス協会